過去の失恋はある決心でさらに高い価値に変わると思います。

真の恋愛はただ一度だけである。これはある人の断言です。

この断言は反発や疑問を生み出すかもしれません。この断言は私の心の中から湧きあがって来たものです。

経験に基づいています。

私は既婚者ですがこのように思っています。私の大恋愛は遥か昔です。

妻を私は心から愛しています。にもかかわらずこのような言葉を言うのです。

誰かがこのことを読んだり聞いたりしたらこんな言葉が聞こえてくるような気がします。

この人はずっと過去の恋愛を引きずったまま未練に似た感情を胸に置いたままの人ではないかと。そうかも知れません。

しかし私はそうではありません。次の理由に基づいてそう言います。その理由は過去に大恋愛という言葉がぴったりに女性とは二度と会わないと決めているからです。

しかしある人は言うでしょう。本当にこの人はそれが可能なのかと。そう思う人は私と同じ状況を経験している人とも思えてきます。

当たっている場合もあれば当たっていない場合があると思います。想像や仮定はここまでとして、次に思い浮かぶことは一般論です。

このような場面があります。努力を続けたのにもかかわらず誰も理解してくれない。

その苦痛の時間に浮かびがちなのは、はるか昔に大切な時間を共有した人の顔です。思わず電話で話したくなります。ある錯覚があるからです。

今でもいつでも大事な時間を共有できるという錯覚です。錯覚の中で、大恋愛をした相手と話したりします。

それが生み出すのは現実的な愛を無視してしまうという大きな錯覚です。これは致命的なものに発展します。なぜなら「大事なものはどちらなの?」という問いを生みます。

この問いは非常に現実的な問いであり、バーチャルな電話の声ではないのです。「一切が終わったら離れることだ。神或いは女性から」という格言が示唆しているのはこういう誤りです。

このようなことを書くのは私の経験があるからです。

このような心が手にした方がいいと思われるのは、忘れてしまうか、間接的なことをしながら次第に忘れることです。

ある先輩が言いました。男性です。

「女性はすぐ忘れることができる。男性はなかなか忘れることができない。別離の場合はね」と。

この言葉は非常に日常的な場面での会話の中で、話し言葉として私が得たものですが、大切な示唆を含んでいたと思えます。

忘れられない男性が心がける音を多く含んでいると思います。

やはり女性の方が人生を現実的に生きることができるのではないかという点で、「強い」と思えます。

「大恋愛」は大きな誤解や大きな失望や、大きな人生につながる「幸運な出会い」と悟ることが大切だと思えてきます。

余談ですが、童貞をテーマにした面白いサイトを見つけました。童貞卒業.jpというサイトです。すごいサイト名ですね。

男性にとって童貞、女性にとって処女は生涯において大切なものですからね。男女の独身率が高くなっているといいますが、恋愛は素晴らしいものですので、素敵なお相手を見つけて幸せな人が増えてくれるといいですね。

おすすめ記事

私達夫婦は、恋愛ともうひとつのつながりがあります。